楽天トラベル

2017年03月20日

聖徳太子 厩戸王 表記を調整中

教科書に載せる表記の問題で、
「聖徳太子」から「厩戸王」に変更しようとしたけれど、
発表した後、アンケートを取った結果、子供たちが混乱するし
やっぱり「聖徳太子」にします、というニュース。


歴史学では「厩戸王」が一般的だけど、
伝記等では「聖徳太子」で世間に広まっているため、
混乱を避けて、元に戻すよう調整しているんだとか。


「鎖国」という表現も周りの国のことを配慮して、
止めたけど、「開国」との関係で、
「鎖国などの対外政策」という表記に調整中らしいです。





実に些末な話ですね。
こんなことを議論するために時間使って
お金貰っている官僚の人たちって…。


大して混乱はしないと思うし、
歴史に関しては、周りの国に配慮しすぎてますね、この国は。


歴史には興味があったので、自分で本を読んだりしてますが、
習ってきた史実とは違うことが解ってきました。
古代から、戦国、近現代まで、どの時代もですね。


歴史を学ぶと、世の中の仕組みが解ってきますが、
残念ながら、知らなくても良いと思っている人も多いので、
なおさら混乱することはないかと(苦笑)







posted by たける at 20:47| 政治・経済・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。