楽天トラベル

2017年11月11日

トレビの泉の硬貨をローマ市が財源化へ

背を向けて硬貨を投げ入れた人は
必ずローマを再訪できる。

ってことで有名なトレビの泉。


今までは、
カトリック教会系の慈善団体へ
寄付していたとのこと。


今後は、ローマ市長の手元へと渡り、
市当局が決定するプロジェクトの財源として
使うんだそうです。


寄付していたものを、
市の財源とするのは何とも…。

ですが、
年間最大100万ユーロ(約1億3000万円)
という額になるそうで、
近年の自治体の財政状況からすると、
やむを得ないものもあるのでしょうか。








posted by たける at 20:21| 政治・経済・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。