楽天トラベル

2018年05月20日

カンヌ国際映画祭 是枝裕和「万引き家族」がパルムドールを受賞

第71回カンヌ国際映画祭で
是枝裕和監督の「万引き家族」が
パルムドールを受賞しました。


日本人監督としては、
1953年、「地獄門」の衣笠貞之助、
1980年「影武者」、1983「楢山節考」の黒澤明、
1997年「うなぎ」の今村昌平に続き、
史上4人目のパルムドール受賞者とのこと。


今回の作品も前回の
「そして父になる」に続き、
シリアスなテーマですね。


北野武監督も含め、
ヨーロッパの人たちは
日本人監督の作品って
好きな人多いですよね。







posted by たける at 17:42| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。